ホーム / SOYMIL MAGAZINE

SOYMIL MAGAZINE

RSS

SOYMIL KITいちごフレーバー誕生秘話

皆さん、こんにちは! SOYMIL KIT誕生秘話も今回が最終回となりました。最後は、多くの方から評価を頂いている、いちごフレーバーを紹介します。ジャムやジュース、お菓子などに活用され、なんと日本人は世界第3位のイチゴ消費国。イチゴが大好き国民何ですよ! ストロベリー味ができるまで SOYMIL KITは2020年冬頃から管理栄養士さんと共に開発を始めていました。初めての販売が2021...

SOYMIL KIT バナナ誕生秘話

こんにちは!今回はSOYMIL KITバナナフレーバーの紹介です!バナナだけど、なんか凄い色のものが入ってる・・・と誰もが思うはずです。なぜSOYMIL KITにバナナフレーバーが登場したのか、バナナ豆乳やこのバナナとの出会いを紹介します🎉   バナナ文化は台湾からの伝来品 日本で正式に輸入が始まったのは1903年で、台湾の商人が神戸に持ち込んだのが始まりとされています。1950年代まで...

SOYMIL KIT黒糖フレーバー誕生秘話

こんにちは!今回はSOYMIL KIT黒糖フレーバー誕生のストーリーをお伝えしていきます。 SOYMIL KITの中に黒い粉が入っていて、これはなんだ!?!?と思われた方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?  この粉に込められた思いとストーリーを紹介しますね!     不眠不休で働く日常のお供 かつて、会社員として働いていた頃は勤務時間が長く、有給や代休が取りにくい雰囲気でした。「き...

SOYMIL KIT生姜フレーバー誕生秘話

こんにちは!今回はSOYMIL KIT生姜フレーバーの紹介です!  スーパーマーケットやコンビニで見かける豆乳はどれも甘いものばかり、なのに辛みがある生姜・・・と思われた方もいらっしゃるはずです。 豆乳界のジンジャーエールこと、SOYMIL KIT生姜フレーバーの生い立ちを語っていきますね!    台湾で生姜は身近な存在 私はこれまで十数回、山岳部と離島の一部を除くほぼ全ての台湾の都市へ行...

SOYMIL KITプレーン誕生秘話

こんにちは!SOYMIL代表の佐藤です。 今回からSOYMIL KITの誕生ストーリーを順次説明していこうと思います。   1.中華圏での生活 学生時代と仕事で中国で生活することがありました。以前『豆乳の歴史』でも書いていきましたが、豆乳は2000年前に中国で生まれ、台湾で豆乳チェーン店が生まれたことから世界に広がっていきました。 中国では、貴重なたんぱく源として大豆が重宝されており、多...

トライキット誕生秘話

皆さん、こんにちは!SOYMILの佐藤です。看板商品としてSOYMILトライキットを出していますが、どのようなキッカケで誕生したのか!?本日はこちらのテーマを皆さんに伝えていきたいと思います。   中華圏の大豆と合わせた飲み方 台湾を始めとする中華圏では、伝統医学の考えに基づき身体によい穀物や乾物を大豆と一緒に撹拌してスムージー感覚で楽しまれています。   1.黒豆乳 材料:黒豆、黒ゴ...

節分は年に4回あるってホント!?

鬼は~外!福は~内! 近年、恵方巻きに押され気味ではありますが、節分といえば、「豆まき」ではないでしょうか。豆と長い間つきあいのある私たちも触れなければなりません! ところで、なぜ節分では豆をまくのでしょうか?今回のマガジンでは「豆まき」の由来について紹介したいと思います。   節分は年に4回ある!? 節分は、文字通り季節の分かれ目という意味があり、立春、立夏、立秋、立冬にあたる日の前日を...

世界各地で正月に食べる「豆」の紹介

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!今年もSOYMILをどうぞよろしくお願いします^_^ さて、皆さまお正月におせち料理を召し上がりましたか?   日本 おせち料理に必ずといってもいいくらい黒豆が入っていますよね。黒豆には、「まめ」に働く、「まめ」に暮らすなどの意味があり、丈夫に過ごせるようにとの意味が込められています。 西日本では黒豆を煮る際にはシワが入らないように煮...

SOYMILの2021年を振り返る

皆さま、こんにちは!SOYMIL代表の佐藤です。2021年も残すところ、あとわずかですね。2021年の年初に立てた目標は達成できましたでしょうか!? さて、SOYMILは2021年3月に生まれ、多くの方々のご支持によって大晦日を迎えることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。そこで、今回はSOYMILの2021年の三大ニュースをお届けしたいと思います。   1.商品開発とmakuake...

今話題のポテトミルクとは!?(前編)

こんにちは!SOYMIL代表の佐藤です。 最近、海外のニュースを多く見ていると、2022年の食のトレンドとして「ポテトミルク」という単語を見るようになりました。ポテトミルクはその名の通り、じゃがいもから作られた植物性ミルクです。日本では聞きなれないポテトミルクとは一体何なのでしょうか!?!?今回は豆乳以外のトピックとして紹介いたします。   現在、ポテトミルクとして最も勢いがあるのがスウ...

オススメの豆乳屋さん紹介② 健康豆漿 東京丸の内店

皆さま、こんにちは!季節はすっかり冬になりましたね!豆乳が美味しい季節です! 今回は東京都千代田区にある「台湾式朝食 健康豆漿 丸の内店」に行きました!ここで名物の鹹豆漿(シエンドウジャン)をいただいたので、紹介したいと思います!     オフィスビルの地下のレストラン街の一角にスタイリッシュな佇まいをしています!東京駅から徒歩10分と言いつつも、多くのオフィスビルがあるので、ちょっと迷い...

オススメの豆乳屋さん紹介① 東京豆漿生活

皆さま、こんにちは!本日は東京都品川区にある「東京豆漿(ドウジャン)生活」に行きました!ここの豆乳が美味しかったので、ぜひ皆さまに紹介したいと思い記事にしました。     豆乳を作る特別な部屋があります。「東京豆漿生活」では毎朝この部屋で豆乳を絞っているそうで、新鮮な豆乳を楽しむことができます。SOYMILブレンダーは作れる量が350mlですが、この大きな機械を使えばもっと多くの量を作れ...

豆乳はなぜ白いのか?

こんにちは!SOYMIL代表の佐藤です。11月になりました!街中の装飾もハロウィンからクリスマスに移り変わっていますね。頭の中で、さっそくクリスマスソングが流れてきました。マライア・キャリーの『All I Want For Christmas』だけでなく、いろんなアーティストがカバーしているアーヴィング・バーリン作詞作曲の『White Christmas』も頭の中で流れてきます。 そういえ...

大豆に関する注目の論文紹介

こんにちは!SOYMIL代表の佐藤です。豆知識コーナーではありますが、興味深い論文を見つけたので紹介しようと思います!   1,199組の母子の妊娠時と5歳成長時の追跡調査で、妊娠中の大豆摂取が多いほど幼児の情緒安定や交友関係に好影響を与えていることが、愛媛大学の三宅吉博教授(疫学・予防医学)らの研究で分かりました。   《出典:International Journal of Food...

大豆の花言葉

皆さん、こんにちは!SOYMIL代表の佐藤です。最近、『東京卍リベンジャーズ』にハマっています。私が中学生の時は、クラスメートで特攻服を着ているヤンキーがいました。今となっては、特攻服を着ている中学生と出会うことはありませんよね!中学生がおとなしくなったのか、バイクで暴走することが時代に合わなくなったのかもしれません。リベンジャーズの世界観は、30代前半の私にとっては身近だけど身近ではない...

豆乳の歴史

こんにちは、SOYMIL代表の佐藤です。このMagazineでは豆乳に関する豆知識やSOYMILに関することを紹介していきます。今回のテーマは豆乳(豆漿)の歴史です!   先日は、大豆が中国発祥で、日本から世界中に広がっていったことを紹介しました。豆乳も同様に中国発祥です。中国語では「豆漿(ドウジャン)」と称され、毎日のように飲まれています。日本でも最近は台湾式朝食を提供するレストランが増...

「SOYMIL」という名前に込めた想い

皆さま、こんにちは!SOYMIL代表の佐藤航平です。 SOYMIL(ソイミル)という名前の由来と、その名前に込めた想い。読みやすいようで、ちょっと読みにくいこの名前をぜひ覚えて頂けると嬉しいです。   SOYMILは文字通り、SOYMILK(ソイミルク)を連想しますが、私たちはSOYとMILの二つを分けて意味を持たせました。 世界を旅し、様々な人や文化と出会うSOY(ソイ) 大豆の起源種...

発酵食品で暑い夏を乗り切ろう!

みなさんは発酵食品を食事で摂取していますか?日本人が昔から食べ馴染みのある発酵食品、実は夏こそ特に摂取したい食材です。 冷房が効いた場所とそうでない場所の気温差により、体がだるい、疲れやすいなどの夏バテ気味の方は、毎日の食事を少し意識することが大切です。 発酵食品とは、大豆などのタンパク質を麹カビや酵母菌、乳酸菌などの微生物の働きによって分解(発酵)して作られる食品のことです。発酵す...

最近見た商品はこちら

入手