大豆は栄養豊富と言われています。大豆に含まれる大豆イソフラボンは特に女性ホルモンに似ている構造をしており、意識して積極的に摂取する方もいるでしょう。


しかし日本人は大豆の摂取量が低いのが現状です。


この記事では、大豆の摂取目安量や、大豆に含まれる栄養素について詳しく書かれています。


SOYMILブレンダーを活用し、日頃から出来立て豆乳を飲んでいる方や、大豆摂取不足が気になるという方に是非読んでいただきたいです。



大豆の栄養素について

 

大豆に含まれる栄養素は主に、植物性タンパク質をはじめ、炭水化物、脂質、ビタミン、鉄、カルシウム、サポニン、レシチン、大豆イソフラボンなどの微量栄養素も含まれています。

大豆一粒一粒に栄養がぎゅっと詰まっていることがわかります。


中でも植物性タンパク質は、100gあたり33.8g含まれています。タンパク質は人間の体を作る原料です。骨や歯、皮膚、内臓、髪、爪など、人間の体はタンパク質が大きく関わっています。


そのため3回の食事の中で、意識して摂取したい食材です。


また乾燥大豆はアミノ酸スコアが高いことで知られています。アミノ酸スコアとはたんぱく質の栄養価を評価するものです。


そもそもたんぱく質とはアミノ酸で構成されており、そのアミノ酸の中でも必須アミノ酸という体の中では合成されない9種のアミノ酸のバランスを表しているものをアミノ酸スコアと呼びます。


そのアミノ酸スコアの値が100に近ければ近いほど、栄養素的に優秀であると言われていまおり、大豆の場合アミノ酸スコアが「100」であることから、大豆に含まれるたんぱく質が非常に優れていることがわかります。




動物性タンパク質と植物性たんぱく質の違い


タンパク質を摂取しようとすると肉や魚、卵などの動物性タンパク質を思い浮かぶ方が多いですよね。しかし動物性タンパク質の多くは脂質が含まれているため、全体的なカロリーが高くなります。


一方植物性たんぱく質の大豆は、肉や魚に比べ脂質が少ないため、カロリーが低く抑えられます。また脂質の一種であるコレステロールが大豆には含まれていないことも特徴の一つです。


動物性タンパク質には動物性タンパク質にしかない栄養素があり、大豆などの植物性たんぱく質には植物性たんぱく質で必要な栄養素が詰まっています。


たんぱく質を摂取するには何かに一つを摂取し続けるのではなく、動物性タンパク質、植物性たんぱく質をバランスよく取り入れることが大切です。



日本人の大豆の摂取目安量と現実


健康日本21という21世紀における日本人の健康を実編するための健康運動の中に、「豆類」は1日100g以上を目安に摂取することを勧めています。


しかし、実際は「豆類」を摂取している平均的な割合は59.4gと少ないのが現状です。


古くから日本食では、豆が多く使われてきました。味噌や醤油などの原料にも使用され、食べ慣れている存在です。しかし大豆を含んだ豆の摂取量が低いのが現状です。


大豆といえば、納豆や豆腐などの大豆製品を思い浮かぶ方が多いでしょう。その中に、乾燥大豆から作るSOYMILの出来立て豆乳も、毎日の生活に取り入れてみませんか?



大豆に含まれる栄養をを丸ごと美味しく摂取することをお勧めします♪


最後に

大豆は栄養豊富な食品です。タンパク質だけでなく、ミネラルなどの栄養素も含まれています。豆類の摂取量が少ないのが現状ですが、毎食の中に「大豆製品」をうまく取り入れることをお勧めします。







前の記事 次の記事

最近見た商品はこちら

入手